日本語教師になるために必要なことを学ぶことが大切

基礎を学ぶ

日本語教師の資格を取得するために通う養成講座では、教師としての心構えや、教え方の基礎などざまざまなことを学ぶことができます。教壇に立つ前にしっかりと学ぶことができるので安心です。

Read more »

それぞれの授業

日本語教師養成講座では、他の受講生の模擬授業を見ながら自分とは違う教え方を見ることができ、教える時の参考になります。一人一人違った授業を行なうので、違いを見つけるのも魅力的です。

Read more »

発音のしかた

日本語教師養成講座では音声学を学ぶのですが、日本語の発生方法を学ぶことがとても大切です。国によって発音の癖があるので、正しい日本語の発音の仕方を把握することが大切です。

Read more »

養成講座の魅力

日本語教師養成講座では、模擬授業を行なうことができます。実際に留学生を前に日本語の授業を行なうことができるのでいい経験になるでしょう。実際に教えることで新たな発見をすることができます。

Read more »

それぞれの授業

言語というものは、日本人が日本語を習得する過程を見ればわかるように、日常生活の中で繰り返し接することで身に付けていくものです。
そのため、日常生活とは切り離した状況の中で習得することは簡単ではありません。
そこで、効率的な習得のためには、対象となる言語を基本とする生活圏で暮らすことがもっとも望ましいのですが、現実には、現在の生活を維持しながら、異なる言語を習得する必要が生じることも少なくありません。
このように、現在の生活圏の中で対象となる言語を習得するためには、日常生活を出来るだけ模倣するような状況を意識的に形成することが必要となります。
その点で、スクールの活用は、このような状況の作成の点で優れているのです。

スクールでの学習は、限られた時間の中で行われるものですが、短時間でも効率的に学べるようにカリキュラムや授業が工夫されています。
しかし、このような授業やカリキュラムは、誰に対しても絶対的に有効だというものではありません。
そこで、自分に適したスクールを選択することが重要になるのです。
現実の教室に実際に通うことで、直接講師と会話をすることができますが、通学の都合や手間を考慮して、ネットを通じた授業も増えてきています。
それぞれの方法に関して、必要な講師の確保やシステムの構築が異なってくるので、スクール自体の特質が、どちらかにシフトする傾向が進んでくると考えられます。
この点を考慮して、より適切なものを選択することが必要になるのです。